読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当文集

140文字だと書き切れない事を雑に書くところ

サザンのメンバーがライブで演奏したことが無い曲を雑にまとめてみた

先日このようなツイートをしまして…。

「ゴン太君のつどいでのネオ・ブラボー!!は関口さんが初めてライブで演奏したテイクになるのね…(一部抜粋)」

それでふとまた余計なことを思ってしまいました。「メンバーが休養中の時にしか演奏していない曲があるのでは無いのか…」と…。

と言うわけで調べてみました(もしかしたらある意味で不謹慎なネタになってしまうのでしょうか…すみません…)。桑田さんと弘さんは皆勤しているので、原さん、関口さん、毛ガニさんの3人で調べました。抜けがありましたらごめんなさい。ちなみに重複している時は先に演奏されたライブの所のみに書いております。

 

 

原坊

KAMAKURA TO SENEGAL サザンオールスターズAVECトゥレ・クンダ

・真昼の情景(このせまい野原いっぱい)

・Brown Cherry

 

原さんが欠席したのはこのライブだけなので必然的に演奏がこのライブで1度きりとなったこの2曲が演奏したことがない曲となりました。

真昼の情景はライブで演奏されることが比較的多いDisc1収録の曲の中では不遇扱いですね…。といいますか、2曲とももう32年演奏されていないのですね…。Brown CherryはHAPPY!に収録されていたので、それ中心のセットリストだった「ホタル・カリフォルニア」がラストチャンスだったのかもしれません。

逆に吉田拓郎の唄は「「流石(SAS)だ真夏ツアー!あっっ!生。だが、SAS!」~カーニバル出るバニーか!?~」で18年ぶりに演奏されると共に初めて原さんは演奏するという、こういう駄文を書きたいような人にとっては2重の意味で嬉しい出来事でしたね(?)(その頃は知らなかったくせに何を抜かすか)。

もうひとつどうでもいいことを付け足しますと「いとしのエリー」はライブでは(ラジオ等ではありましたが)82年の「青年サザンのふらちな社会学」からこのKAMAKURAライブまで空いていましたが、原さんはさらに89年年越しライブの「いっちゃえ’89サザンde’90」で何と7年ぶりに演奏するという意外な空白期間がありました。

 

 

ムクちゃん

THE音楽祭 1991

・LOVE POTION NO.9

(・花咲く旅路)※

闘魂!ブラティ・ファイト

(・じんじん)※

歌う日本シリーズ1992~1993(南天群星 北京で逢いましょう)

・GUITAR MAN’S RAG(君に奏でるギター)

・ポカンポカンと雨が降る(レイニー ナイト イン ブルー)

・HAIR

・亀が泳ぐ街

・CHRISTMAS TIME FOREVER

しじみのお味噌汁コンサート

クリスマス・ラブ(涙のあとには白い雪が降る)

 

※は原由子名義曲

 

ちょうど休養期間にアルバム「世に万葉の花が咲くなり」が発売されていたため、このアルバム収録曲から多く未演奏曲が出てしまいましたね。「君だけに夢をもう一度」は99年年越しライブ「晴れ着DEポン」のメドレー内では演奏されていますが、フルはまだ演奏していないという原さんの「吉田拓郎の唄」の扱いに近いものがありますね(?)。

時々サザンのライブで演奏されている原坊ソロ曲の2曲も演奏出来ずにいます。その変わり(?)後に2000年の「チャイナムーンとビーフン娘」では作詞、2012年のアルバム「UKULELE CARAVAN」に収録されている「あたたかな春の日に」にボーカルで参加してもらうなど、その穴を埋める行動をしていますね(?)。

冒頭にも書きましたが、00年年越しライブ「ゴン太君のつどい」でのネオ・ブラボー!!は関口さんが初めてライブで演奏したテイクになりましたが、この時大森さんが休養に入っているため、6人サザンでは結局1度も演奏されていないのですねえ。CDのジャケットが6人で写っているだけに若干の複雑な思いを抱いてしまいますね。

 

 

毛ガニさん

ザ・ガールズ万座ビーチ

・マリワナ伯爵

・恋の歌を唄いましょう

・平和の琉歌

・恋のジャック・ナイフ

「流石(SAS)だ真夏ツアー!あっっ!生。だが、SAS!」~カーニバル出るバニーか!?~

・雨上がりにもう一度キスをして

(・アミダばばあの唄)※カバー曲

みんなが好きです

セイシェル~海の聖者~

・愛と死の輪舞

・JUMP

・別離

リボンの騎士

・からっぽのブルース

・恋するレスポール

・夢と魔法の国

キラーストリート

・限りなき永遠の愛

真夏の大感謝祭

・OH!!SUMMER QUEEN~夏の女王様~

 

アルバム「Young Love」「キラーストリート」のツアーを欠席していることもあり、この2枚からの未演奏曲が大部分を占めていますね。

間が空いた初披露曲は「涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~」になるでしょうか、03年の「流石だツアー」から10年後の2013年「灼熱のマンピー!!G★SPOT解禁!!」で初めての演奏になりましたね。

アルバムツアーを2つ欠席しているため「恋の歌を唄いましょう」「リボンの騎士」と原坊ボーカル曲は演奏していませんね。しかし褥に行かなくてはならなかったり、癒やしに現われてしまうなど、毛ガニさんの腰と貞操が(?)心配ですね(?)。

「平和の琉歌」は演奏していませんが「平和の牛歌」は参加していま…あれ…?ま、まあ最後に出てきますのでセーフでしょう…(書きたかっただけシリーズ)。

ちなみに「真夏の大感謝祭」での「I AM YOUR SINGER」は参加していたため(といいますかメンバー全員楽器を演奏していませんからね…)一応ここからは外しております。

 

 

はい、と言うわけで雑にまとめてみました。こうして見ますと結構ありますね。サザン名義の曲ですと25曲になりますね。一応頑張ればセットリストを組めそうですね(?)。

ちなみに大森さんがまだ独立前で(一応休養という名目となっている)開催されたライブ「ゴン太君のつどい」ですと、「夏の日のドラマ」「この青い空、みどり~BLUE IN GREEN~」の2曲が大森さんが演奏したことが無い曲として追加になりますね。

 

何か書いていてデジャブ感があると思ったら、以前に書いた、サザンのライブで演奏されたことがない、もしくは1度だけみたいな駄文に近いものがありますね。

余分なコメントが増えただけでしたごめんなさい。

これが締めです…(何か今回全体的に特に雑ではないか…)。

 

 

あとがきのようなもの

何気なくした呟きで1つ文がでっち上げられるのですね。もう少しツイッターという架空の広場を愛そうかなと思いました(?)。