読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当文集

140文字だと書き切れない事を雑に書くところ

サザンの「東京」ソング的な曲を雑にまとめてみた

サザンオールスターズ 雑まとめ

WOWOWで放送され、地上波でも放送された「偉大なる歌謡曲に感謝 ~東京の唄~」がDVD・Blu-ray化記念(?)と言うことで、ならサザン(とソロ)にはどの位東京の唄があるのかをまた雑ではありますが調べてみました。

一応東京とその地名(大河の一滴の渋谷等)がタイトル・歌詞に出ている曲を一覧にしてみました。ただ前回の慕情曲まとめのように公式の検索が何故かうまく使えなかったので、「これが抜けている、あれが無い」という曲もあるかも知れませんので、どうか「暑かったけど短かったよね…夏…」位の気持ちで(?)お許し下さい…。

(ちなみに関口さんと弘さんには東京ソングが無かったのですが、公式サイトに弘さんの曲が2つほど歌詞の出てこないものがありまして…公式さん修正お願いします…という余談)

 

 

 

曲名に東京が入っているもの

サザンオールスターズ名義(4曲)

・走れ!!トーキョー・タウン

・東京シャッフル

・東京サリーちゃん

・東京VICTORY

 

桑田佳祐名義(3曲)

・東京

・東京ジプシー・ローズ

・現代東京奇譚

 

原由子名義(2曲)

・東京ラブコール(歌詞に銀座もあり)

・東京タムレ(カバー曲)

 

 

歌詞に東京が入っているもの

サザンオールスターズ名義(6曲)

・Let It Boogie

・よどみ萎え、枯れて舞え(TOKIO

・シュラバ★ラ★バンバ(TOKIO

・爆笑アイランド(東京タワー、東京パワー)

愛と欲望の日々(読みはOEDO)

・恋するレスポール(TOKYO)

 

桑田佳祐名義(6曲)

・ハートに無礼美人(Get out of my Chevvy)(TOKIO

・漫画ドリーム(読みはTOKIO

・エロスで殺して(ROCK ON)(東京美人

・貧乏ブルース(TOKIO

・BLUE MONDAY(Tokyo Tower)

・声に出して歌いたい日本文学(智恵子抄で登場)

 

KUWATA BAND(1曲)

・鰐(TOKYO DISNEY LAND)

 

 

その他の地名・店名

サザンオールスターズ名義(4曲)

・FIVE ROCK SHOW(原宿)

・亀が泳ぐ街(神保町)

・The Track for the Japanese Typical foods called “Karaage”&”Soba”~キラーストリート(Reprise)(丸屋・ホープ軒)

・青春番外地(歌舞伎町)

 

桑田佳祐名義(3曲)

・JAIL ~奇妙な果実~(Roppongi)

・MASARU(お台場)

大河の一滴(渋谷・ラケル

 

原由子名義(2曲)

・I Love Youはひとりごと(渋谷)

・いちょう並木のセレナーデ(渋谷)

 

その他名義の曲(3曲)

・六本木のベンちゃん

・ジャンクビート東京

・突然の吐き気 ~えりの思い出~(赤堤)

 

 

…という訳で雑にまとめてみました。さて以下無駄な文です。

とりあえず計34曲が一応東京の歌ということになりそうですね。ただ雌が叫ぶ場所は千葉県だったり、いちょう並木のセレナーデは収録されているのはMiss YOKOHAMADULTというアルバムで歌詞にも「渋谷から横浜まで…」とあるので扱いが難しいですね…(学生時代のことと考えれば東京寄りにはなりそうですが)。

 

最初に歌詞に東京が出現したのは、Let It Boogieと意外にも早い段階だったのですね。

走れ!!トーキョー・タウンが頭にあったこともあり、改めて調べてみて気が付きました。

 

またこうしてまとめて見てみますと、東京(TOKIO)と歌詞に使われるようになったのは平成になってからが多いですね。特にソロ名義のアルバム「孤独の太陽」「ROCK AND ROLL HERO」には偶然なのか共に3曲使われていますね。他にも「ROCK AND ROLL HERO」の時期に作られたものの収録はされず、のちにサザンのアルバム「キラーストリート」に収録された、恋するレスポールにも歌詞にTOKIOが入っているので、実は「ROCK AND ROLL HERO」というアルバムの裏テーマが東京だったのでは…なんて妄想が膨らんでしまいますね。

「東京」というストレートなタイトルの曲があるためか、東京という単語はソロのイメージが強くなっている気がします。もしかしたら横浜=サザンオールスターズ、東京=桑田佳祐という使い分けがあるのかも知れませんね。

 

桑田さんの「I LOVE YOU -now & forever-」限定盤に付いていた4曲のうち、3曲に東京の地名が入っているというのも、そういえばシリーズでしたねえ…。

六本木のベンちゃんのUCCのネオンという歌詞がありますが、のちにUCCのタイアップ曲となった大河の一滴にも渋谷という東京の地名が使われているのは面白いですね。

 

TOKIOという表記が多いのはやはり「とうきょう」と歌うよりは「ときお」という方が歌いやすいのでしょうか。東京という表記でも「ときお」と歌っているものも多いので歌詞に合わせているのですかね。

 

ふと気付いてしまったのですが、エロスで殺して(ROCK ON)では東京美人、JAIL ~奇妙な果実~ではRoppongi(六本木)と所謂SM曲2曲の舞台は東京なんですねえ。そう考えるとサザンでのGIMME SOME LOVIN’~生命果てるまで~も舞台は東京になるのでしょうか…。

 

あとYa Ya(あの時代を忘れない)や栄光の男は東京ソングに入るのでしょうか…。

青学時代を歌ったYa Ya、桑田さんがテレビで長嶋茂雄引退試合を見て号泣したのも学生時代で、長嶋自身も東京のチームでプレーしていることからこの枠に入れて良さそうですが(余談ですが長嶋は千葉県の出身)。

 

しかしこのブログでの亀が泳ぐ街の登場率高いですね…。桑田さんが「HAPPY!」にこの曲を収録するときに「この曲をスキップされないように加工したかった」と語っていたのをここで再現している可能性がありますね(?)。(偶然+私がただ単に好きな曲なだけ)

 

 

桑田さん自身で作られた東京ソングバージョンでもこういう企画やりませんかね…?

まあまずやらないでしょうね…例え実現してもあれほど楽しく歌わなそうですが…w

それならば誰かサザン・桑田ファンの歌手の方が「偉大なる桑田佳祐に感謝 ~東京の唄~」なんてリスペクトな企画いかがでしょうか…ただやるとしたら横浜、もしくは茅ヶ崎の唄になりそうですが。

 

 

さてWOWOWに加入していない私は完全版となるDVD・Blu-rayを楽しみにしつつあと3ヶ月を細々と暮らしたいと思います。

 

次回は横浜の唄まとめでお逢いしましょう(多分やらない)。