読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当文集

140文字だと書き切れない事を雑に書くところ

桑田佳祐のライブ1曲目について雑にまとめてみた(今更のサザンライブ1曲目の追記のようなもの)

桑田佳祐 雑まとめ ライブネタ

約5ヶ月前にこちらに書きました、サザンのライブ1曲目についての雑まとめにはソロの方が入っていませんでした。のちのライブ関係のまとめではソロの混入という大復活祭を彷彿とさせる(?)構成をしているので、年越しライブまで残りわずかというこの時期に桑田さんのソロライブでの1曲目について雑にまとめてみました。

えー…ちなみにソロといいましてもAAAはまとめていません(だってカバーした曲の原曲のこと知らないし…というサザン以外の無知を晒すだけの必要の無い言い訳)。

 

 

 

・さのさのさ

洒落男

(そんな言い訳をして始めたのに早速カバー曲だった…)

製品版ですと再生後すぐに漫画ドリームに入るため、そのイメージが強いと思われますが、正確な1曲目はこの曲なんですね(まあ公式のセットリストにもそう載っていますが…)。

カバー曲ではありますが、一部替え歌がされているところがあり製品版ではラストの「38で妻子持ち でもまだまだチン○は硬い」というところが収録されています。31日の生放送では放送されなかったので、ここだけしか見ることが出来ませんね。

ちなみに桑田さん曰く、ここの部分を小倉博和さんはツアーの初めの頃は嫌がっていたらしいですが、後半になるにつれノってきたらしいです(ここは数年に1度は夜遊びでこの頃の話になると出てくるのでチェックしましょう(?))。

 

 

古賀紅太 No Reason! ライブハウスツアー

HOTEL PACIFIC

桑田さん以外には3人しかサポートメンバーがいないためかこの曲はカラオケ音源です。カラオケといってもちゃんとCDのオフボーカル版なので、その音源を借りることの出来た古賀紅太さんはなかなか優遇されていたようですね(?)。

ちなみに原坊のコーラスも入っているので、ガイドボーカル感がありますね(?)。

 

 

・Xmas LIVE in 札幌

きよしこの夜~OVERTURE~サンタが街にやってくる

公式ではこのようになっていますが、桑田さんが登場し歌ったのは、サンタが街にやってくるからのようです(エゴサとやらでの情報)。まさに桑田サンタが札幌にやってきたを分かりやすく示した1曲目と言えますね(?)。

 

 

ROCK IN JAPAN FES.2002

希望の轍

茅ヶ崎ライブの再現…ではありませんね。ちょっと前に希望の轍雑まとめで色々書いていますので、今回は省略いたします。ごめんなさい。

 

 

・けいすけさん、色々と大変ねぇ

HOLD ON(It’s Alright)

今まではカバーだったり、サザンだったりでしたので、初めて桑田佳祐名義の曲での1曲目となりました。

ソロ初のドームツアーのオープニングを飾ることになりました。

個人的にはこの曲はソロで時にザ・1曲目感があると思いますね。「僕のステージを見て頂戴」なんて歌われなくとも見ますよ、もちろん。

 

 

・呼び捨てでも構いません!!「よっ、桑田佳祐」SHOW

哀しみのプリズナ

「さぁ部屋中を暗くしてくれ」「○〇の夜を君と過ごそう」「一番逢いたいのは誰だい」などの声が響いてからのプリズン(格子)から一番逢いたい方がご登場という、早速思わず呼び捨てしてしまいたくなるような始まりでしたね。88年のアルバム発売から、19年の時を経て1曲目のポジションに置かれることになりました(一応大復活祭でのソロコーナーでも1曲目になってはいますが、これは例外にしております)。

 

 

・アコースティックライブin石垣島

明日晴れるかな

民放FM全国53局で同時に生中継されたこのライブで1曲目に選ばれたのは、前年のシングルで知名度もあるでしょうこの曲でした。

サザンではちょこちょこありましたが、ソロでは初のバラードナンバーでの始まりでしたね。

他のライブと比べても終盤以外は落ち着いた曲が多く選曲されているように見え、その中ですと違和感の無い1曲目に思えます。

 

 

・宮城ライブ~明日へのマーチ!!~

青葉城恋唄

大震災から約半年後に行なわれたライブであり、桑田さんの手術後初の本格的なライブで最初に演奏されたのは、宮城の所謂ご当地ソングと言われるこの曲でスタートしました。

自分の歌では無く、この曲を最初に持ってきたのもやはりこのライブが普通のライブとは少し違うもの、という空気を今でも感じてしまいますね。

このライブ以降、「I LOVE YOU -now&forever-」では替え歌で、サザンの「灼熱のマンピー」宮城公演と計3回演奏されるなど、実は多くのサザンやソロ名義の曲よりも優遇されているというのは気付かない方が良かったのかも知れませんね(?)。

 

 

・年忘れ!!みんなで元気になろうぜ!!の会

それ行けベイビー!!

ちょうど1年前の紅白歌合戦を思い出すような1曲目となりました。

3番は少し歌詞を変えて歌っていますね。

さのさのさでのアコースティックギター1本登場に次いでのエレキギター1本でのご登場とこのサザンでは見れない1人だけスポットライトを浴びての1曲目というのにソロとサザンの違いという物を1番感じるように思います(え…歌舞伎町の私の世紀末カルテ…まああれは最後に原坊が後ろで弾いているし…セーフということで…)。

 

 

・I LOVE YOU -now&forever-

悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)

ツアー名と同じアルバム「I LOVE YOU -now&forever-」と同じく1曲目でのご登場となりました(まあ3曲目まで同じなのですけどね)。

あのイントロが流れた後に下からポーンと桑田さんがご登場でしたね。ちなみに私このライブ見に行ったのですが、どこから出てくるのだろうかと回りを見渡していたため、出てきた瞬間を見逃すという大失態を犯していたのでした…(人生初ライブだったのに)。

 

 

 

ということでざっくりとまとめてみました。まだ2度1曲目となった曲というのは無いのですね。

ソロではアルバムの1曲目=ライブの1曲目というパターンが多く見られますね。ただ1曲目には選曲されていなくても2曲目に選曲されることが多いですね(その場合は1曲目にカバー曲が置かれていますね)。

今年の年越しライブではどの曲が1曲目に演奏されるのか楽しみですね。個人的にはメンチカツ・ブルース→漫画ドリーム(原曲バージョン)→それ行けベイビー!!の流れで、言葉通りの(?)まさにソロライブという1曲目(というか3曲目まで)を見てみたいですね。

(いや…モニターにユアタイムならぬクワタイムと出てからの百万本の赤い薔薇という予想も捨てがたい…)

 

 

 

あとがきのようなもの

27日に雨が降ってしまったら、桑田さんのせいでは無く私のせいです(小生が関東に行くとだいたい雨、時々雲になるという所謂雨男なのです…)。

…と天気予報を確認してみたら本当に雨ではありませんか…本当にごめんなさい